ロフトをあきらめてよかったと思う理由

自宅を建てる時に、部屋数を増やすための選択肢として考えたのがロフトです。子供部屋を確保するのが精いっぱいで、大人用の書斎を作るスペースの余裕がなかったので、リビングの一部をロフトにして…と考えましたが、すぐにあきらめました。

一つは、建設費が跳ね上がってしまうこと。もう一つは、ロフトはどうしても天井が低くなってしまうので、圧迫感があり、気分的に落ち着かないようなのです。

実際に注文住宅で子供部屋にロフトを付けた友人の話では、ベッド代わりにしかならないということでした。収納スペースとしては役立つものの、物を運ぶのが大変で、ロフトに仕舞い込むようなものは、不用品と考えてもいいそうです。夏の間は暑くて、ロフト寝ようと思ったら一晩中エアコンを付けておくことになるので電気代もかかるし、ホコリがたまりやすいので掃除をするのも大変だと言われ、あっさりあきらめることにしました。

雑誌などで見ると、とても素敵に思えるロフトでしたが、実際に使ってみた人の感想を聞いて、あきらめてよかったと思います。

PR:群馬県伊勢崎市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室