マイホームのデザインの追求と飽きること

人というのは飽きっぽいところがあり、洋服の趣味は年齢と共に変化していき、以前はちょっと奇抜な明るいデザインの洋服が好きだったのに、今はそれが嫌いになってしまったということがあるでしょう。流行で一時的に流行ったようなものというのは飽きやすくて着なくなってしまうのです。実はマイホームのデザインということに関しても似ている部分があります。デザインを追求してオリジナルなものを作るのは注文住宅のメリットであり、そこにこだわるのは良いのですが、あまりに奇抜にしたり、斬新過ぎるデザインだと飽きてしまうということになりかねません。その点ではある程度バランスが必要になるかもしれません。50年とか100年住むということを考えるとそれほど奇抜ではないデザインのようなよいということもあります。むしろ全体的な高級感とかクオリティーそして雰囲気、あるいは住みやすさを重視する方がよいこともありますので、デザインばかりを追い求め過ぎてバランスを欠いてしまうことの落とし穴に注意できます。

PR:群馬県伊勢崎市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室